白川 優(しらかわ ゆう)

産業医、内科

資格

医師免許、日本医師会認定産業医

専門・対応可能分野

産業衛生全般、一般内科

言語

日本語

経歴とご挨拶

千葉大学医学部卒業。
都立病院にて初期研修後、内科医として総合病院、健診機関、療養病床などで生活習慣病や高齢者医療に従事。
その中で予防医学の重要性を感じ、労働者数3万人規模の東証一部上場企業にて専属産業医を経験。
企業でのメンタルヘルス対策、健康管理、過重労働対策に従事し、2015年よりフェミナス産業医事務所の産業医活動に参画し、現在に至る。


内科医として生活習慣病外来や健診業務に関わる中、予防医療の重要性を感じるようになりました。
また、内科疾患にはメンタルコンディションが深く関与することが多く、内科疾患とメンタル失調の関わりに関心を持ちました。
そんな中で、産業医としての活動を開始し、病院では把握しづらい、「職場」という場所での健康管理、継続して安定した勤務を可能にする心身両面のサポートをしています。
職場で働く方々及び企業様とのコミュニケーションを大切に、連携を重視した活動を心がけています。
産業医として、企業様と協力しながら、健康管理のお役に立てればと存じます。