石橋 裕美子

石橋 裕美子(いしばし ゆみこ)

産業医、内科医、心療内科医

資格

日本医師会認定産業医
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
メンタルヘルス法務主任者

所属学会・研究会等

日本医師会

経歴とご挨拶

東京大学薬学部卒業

東京医科歯科大学医学部卒業

東京医科歯科大学医学部付属病院にて内科・外科など初期研修修了後、同病院麻酔蘇生ペインクリニック科に勤務。その後井上眼科病院眼科勤務。
クリニック、企業内診療所にて内科診療、健康診断・健康指導、メンタルヘルス対応に従事しながら、 フェミナス産業医事務所にて産業医活動を開始。


■対応分野

内科、麻酔科、眼科、メンタル対応
働く方の健康指導、メンタル対応など心と体を総合的に考えたアプローチを基本にしています。
頭痛や腰痛の痛み全般、眼疾患(眼精疲労、ドライアイ、VDT症候群)、薬物治療などにまつわることもご相談ください。


■ご挨拶

これまで麻酔科、眼科、内科での勤務を通じ、企業で働く方の様々な身体の不調、メンタル不調に数多く対応してきました。
その経験からより早い段階での予防医学の重要さを痛感し、不調がおきる前に予防的視点で健康診断、健康指導を行っています。
ご縁があり、産業医として活動することになりました。企業により近い立場で、社員の方個人個人の心と身体の健康意識の向上や健康維持に関わっていきたいと考えております。 そしてそれは企業全体の向上、発展にも必ずつながるものと信じております。「仕事量を減らさず」「人をふやさず」メンタルヘルス不全を減らす。 メンタル管理と人事労務管理が密に連携をとることでそれも可能であると考えます。
そのための支援を惜しまず、企業と共に歩んで参りたいと思いますよろしくお願いいたします。