よくある質問

  • Q: 産業医の選任は義務ですか?
  • A: 常時50人以上の従業員を雇用する事業様は皆、法的な義務となっています。
    そのため、法律遵守(コンプライアンス)の観点からとても重要です。
line
  • Q: 産業医の業務内容に関する相談はどうすればよいですか?
  • A: 企業様からの、産業医に対するご要望をまずはお伺いいたします。
    産業医の法的職務の他、企業の実情に合わせて、柔軟にご要望にお応えいたします。
line
  • Q: 産業医から、一方的に医学的な意見のみを言われて困っています。どうすればよいですか?
  • A: フェミナス産業医事務所では、契約企業様と十分なコミュニケーションを図りながら、
    医学的な側面のみでなく、各企業にとって現実的な対応策を提案していきます。
    ですので、契約企業様を困らせるようなことはありません。
    ご希望やご質問は、遠慮なくお話しください。
    従業員の幸福度を最大限尊重しつつも、企業責任が問われる事案や、
    企業が人材損失を被る恐れのある場合、産業医としてしっかりと意見をお伝えします。
line
  • Q: 「企業を元気にする」とは、企業側の立場での助言が中心ですか?
    それとも労働者の立場に立った対応なのですか?
  • A: 産業医として契約企業の発展とそこで働く人々の健康を心より願っています。
    働く人々が幸せであってこそ、企業の成長があります。
    どちらの味方ということはありません。できる限り中立な立場から業務に当たります。
    しかし、企業側の対応にも自ずと限界はあります。
    産業医の責務の範囲内で、企業と労働者双方にとって妥当且つ合理的な判断をしていきます。
line
  • Q: フェミナス産業医事務所は営利団体ですか?
  • A: いいえ。運営上、株式会社プロヘルスが管理を行っておりますが、契約企業数や売上を上げていく
    こと自体は私たちの目的ではありません。
    産業医の選任は法的な企業の義務であり、産業医を営利目的に展開することはしません。
    私たちは産業医サービスの提供と、後方運営を切り離して考えております。
    得られた好事例やノウハウを研究会などで発信・共有しながら、改良を加え、契約企業に還元します。
    関わっていただく皆様の幸せや、日本の産業保健業界の更なるレベルアップに貢献できることは
    私たちの幸せです。
line
  • Q: 「複数の産業医によるサービス」というのは、毎回訪問する先生が替わると言うことですか?
  • A: いいえ。企業の実情、ニーズを伺い、専門分野やスケジュールなどを考慮した上で、
    効果が高いと思われる産業医が担当責任者として毎月訪問いたします。
    産業医の選任届出の際は、中心となる担当産業医を選任します。
    その他にも、普段のサポートや追加訪問をする産業医を追加で選任届出することもあります。
    産業医の訪問時間以外でも、当事務所の産業医を初めとする産業保健スタッフが随時ご相談や
    ご質問に迅速に対応・サポートいたします。サービスのイメージ図もご参考ください。
フェミナス産業医事務所 サービスイメージ図

業務イメージ図